失敗しないメガネの選び方!似合う眼鏡フレーム3つの基準

メガネの選び方 メガネの選び方

失敗しないメガネの選び方には、3つのポイントがありますよ。

男性・女性問わず失敗しないメガネの選び方の3つの基本を紹介していきます♪

 

これまで、自分で本気で似合うメガネフレームを選ぼうとしても

・眼鏡店に行ったけど、選びきれず買えなかった、、、

・2本に絞ったけど決めきれなかった、、、

・そもそも似合う眼鏡の選び方がわからない、、、

 

という事で悩んでないですか?

 

メガネの選び方 女性 レディース

 

まずは、大まかでいいので下記の5つをチェックしてみましょう。

①いつ使うのか?
②どこで使うのか?
③どの服に合わせるのか?
④どんな雰囲気にしたいのか?
⑤掛けてみたいフレームの形や色は?

 

この5つをチェックしておくだけでも、メガネが選びやすく失敗が無くなりますよ。

雑誌やテレビ、ネットであこがれのメガネの似合う芸能人を探すのもいいですね。

 

メガネは、機能的な事も大事ですが、ファッションアイテムの一つなので

掛けてみたいメガネのイメージがあるだけもメガネ選びが楽しくなりますよ。

 

メンズ&レディース問わず基本の似合う眼鏡フレームの選び方の

3つのポイントを紹介していきます。

 

メンズ&レディース基本の眼鏡フレームの選び方とは?

眼鏡を選んでくれる店に行くとお洒落な店員さんが顔の形に合わせて

似合うフレームをチョイスしてくれますね。

 

実は、顔に似合う眼鏡フレームの選び方は、ちょっとしたコツが分かれば

誰でも簡単にできますよ♪

 

できれば自分で似合う眼鏡を選んでTPOに合わせて

数種類のフレームを掛けこなしたいですね。

 

そんな、あなたにも簡単にできる似合うメガネの選び方、気になりますね。

 

似合う眼鏡を選んでくれる店員さんは、ドコを見てる?

似合う眼鏡フレームを選んでくれる店に行くとお洒落な店員さんが

 

「あっ!これ、いい似合う」と思わず言ってしまうような眼鏡フレームを

お客様の顔の形や肌色、服装、アクセサリー、用途に合わせて選んでくれます♪

 

眼鏡を選んでくれる店員さんは聞き上手♪

似合う眼鏡フレームを選んでくれる店員さんのメガネの選び方とは?

 

はじめにお客様の顔やファッション、全体の雰囲気を見て

それから、お声かけをして いろいろとお話を聞いてくれます。

 

それから、お顔を小さく小顔に見せる補正効果やメイクやファッションなど

なりたいイメージや雰囲気、使う用途に合わせてお洒落で使いやすいフレームを選んでくれます♪

 

自分で選ぶ!似合う眼鏡の選び方の3つのポイント

メガネの選び方は、3つのポイントをおさえて選んでいけばメガネ選びで失敗しませんよ♪

 

大きく分けて下記の3つの項目に分けると選びやすくなります。

 

メガネの選び方の3つの基本

サイズ ~ 横幅・縦幅・太さ
形・シェイプ ~ オーバル(丸型)・スクエア(四角)
色・カラー ~ 肌色・服の色・アクセサリー

 

似合う眼鏡フレーム3つの基準を知るとメガネ選びが楽しくなりますよ。

お洒落なメガネフレームを自分で選んでみませんか♪

 

 

似合うメガネの選び方【サイズ】その①

失敗しないメガネの選び方の最初のポイントは、サイズ選びです!

はじめに顔の大きさに合ったサイズ選びが一番大切です。

 

メガネには、横幅のサイズがあるんです。ちなみにサングラスにも横幅のサイズがあります。

サイズの見方や選び方は、簡単ですよ♪

 

メガネを掛けてみてコメカミがキツくなくて、少し隙間があれば大丈夫です。

メガネの選び方は、洋服の選び方と似ています。基本のサイズ合わせが大切なんです。

 

 

メガネのサイズが小さい場合

サイズが小さいとコメカミの締め付けがキツいし、前に逃げてずり落ちやすくなって

何より、顔が大きく見える印象になってしまいます。

 

メガネのサイズが大きい場合

コメカミの隙間が大きければサイズが大きすぎです。

メガネの横幅が頬骨より広ければ、横幅のサイズが大きすぎです。

 

メガネは、サイズが大き過ぎるとフィット感が悪く実用性は悪くなります。

重たくなるしメガネは、安定しないし、ホホにくっついてしまいます。

 

 

似合うメガネの選び方【形】その②

似合うメガネフレームの選び方は、形(シェイプ)選びで印象が変わります。

 

基本的には、小顔や面長に見えるように補正した方が良いので

メガネで補正効果を狙って、小顔で卵型になるように選んでいきましょう。

 

ポイントは、顔の輪郭と逆の形を組み合わせる事です。そうすると、、、

 

ふっくらした印象の丸顔は、スッキリした痩せた感じに

ほっそり顔や痩せ顔は、キツイ印象からソフトな優しい印象になりますよ♪

 

 

丸顔

○ 丸顔 → スッキリ見える角のある細身のスクエア(四角)タイプ

メガネの縦幅ご細い程、面長に見えます。

 

逆にダメな組み合わせがあります。

× 丸顔 → 丸い形 縦幅の大きめのサイズ

レンズの形が丸く縦幅大きいと、、

お顔が丸く短く見えてメガネを掛けると、よけいに丸顔に見えます。

 

角や直線なラインを加えて顔をシャープに見せる形がおすすめです。

 

 

ほっそり顔

○ 痩せ顔 → 優しく見える曲線のあるオーバルタイプ

 

逆にダメな組み合わせがあります。

× 痩せ顔 → 角のある形

メガネを掛けて顔の印象がキツくなります。

 

ホホ骨やアゴのラインにシャープで角がるので、曲線を加えて

ソフトな印象にするのがおすすめです。

 

 

大きい顔

大きい顔 → 角のある大きめの形

逆にダメな組み合わせがあります。

× 大きい顔 → 小さいメガネ

メガネの玉形が小さい程、お顔は大きく見えます。

小さい形のフレームは、メガネで顔が窮屈にパンパンに見えてしまいます。

 

メガネの形に角や直線的なラインがあり、縦幅が大きい方が

お顔が小さく見える印象になるのでおすすめです。

 

 

似合うメガネの選び方【色】その③

似合うメガネフレームの選び方!色(カラー)選び雰囲気が変わります。

 

色の基本は、黒・グレーの2色は、どの色でも合わせやすいカラーになりますが、、、

大事なのは、メガネを掛けた時の顔の明るさの印象です。

 

色のチェックポイント

・顔色が明るく見えるか?
・暗くみえるか?

メガネを掛けて暗く重たい感じよりは、明るく軽い感じに見えるのが大切です。

 

女性はメイクに注意

特に女性の場合には、肌色やメイクの色彩に合わせていくのが大切です。

・肌色がくすんで見えないか?
・メイクのカラーに合っているか?

メイクのカラーとフレームやレンズのカラーが合っていないと

せっかくのメイクがくすんで見えたり、濁った感じの色合いになってしまいます。

 

普段のメイクで照明が明るい場所でお顔全体を見てチェックして見ましょう。

 

また、着る洋服の色合いも考えて、全身鏡を見てトータルでカラーを

コーディネートするのがおすすめです。

レンズのカラーでも印象が変わりますので、また別の記事でカラーの選び方を紹介します。

 

 

似合うメガネの選び方 まとめ

失敗しないメガネの選び方は、3つのポイントが大切です。

・サイズ
・形(シェイプ)
・色(カラー)

サイズ、形、色選びが一番大切です。